子供の脳の発達によい教材の選び方

脳がぐんぐん発達?幼児教材のススメ

>

種類を知れば選択の幅が広がる

お子さんの知育を伸ばす教材

幼児教材にはいくつも種類があり、どれを手に取るかによって大きく異なります。乳幼児の場合は知育・発育を伸ばす教材がおすすめです。これらの教材はお子さんの好奇心をくすぐりながら刺激を与える事により、想像力や記憶力を伸ばしていきます。
簡単なおもちゃになった教材や、カードやプリントなど様々なものがあります。この教材は3歳あたりから始められるので、健やかな成長を願う親御さんから支持を得ています。
教材によってはマナーや礼儀だけでは無く、コミュニケーション能力や社会性を養ってくれるものもあるので「頭の良さ」と言うよりも「人間力」を養ってくれる幼児教材になります。これらの教材は使い方だけでは無く育児の手引書などが同梱されている事が多いです。

英語を含む受験対策になる教材

乳幼児を過ぎてやんちゃ盛り、入園前のお子さんにおすすめなのが早期教育と呼ばれるカリキュラムです。受験対策をしてくれる教材なので、早い段階から勉強させる習慣を身に付けられます。
この教材は数科目あるのはもちろんですが、特に英語に力を入れているケースが多く英会話が苦手な日本人向けにネイティブ発音が出来る様になる教材もあります。これらの教材は入試問題に類似したプリントがメインです。
親御さん向けに解答が入っていますが、それを見ながら一緒に勉強出来るのはこの教材の大きなメリットです。お子さんだけでは無く親御さんも一緒に勉強をすれば自然と勉強が習慣付きますし、お子さんも頑張ろうと言う気持ちになりやすい事が分かっています。


TOPへ戻る